腸内環境と体臭の関係・・・

体臭の悩みを抱えている人は年齢のせいにしてしまっている人も多いと思います。加齢臭と思い年齢のせいだから仕方ないと思っている人も多いと思いますが、それは違います。今回は体臭や口臭の原因を紹介するので改善に向けていくために参考にしてみてくださいね。


体臭は汗のせいと思っている人も多いと思いますが、もちろん汗も関係しているのですが、腸のコンディションが悪い場合も体臭が現れてしまいますし、口臭は口の中の問題と感じている人が多いと思いますが、その原因も腸のコンディションと言えます。
腸のコンディションが悪い場合には、口臭や体臭の原因となっていしまいます。その元になっているのは、腸内細菌バランスの悪化と腸の蠕動運動の悪化が考えられます。
・腸内細菌バランスの悪化ですが、腸には悪玉菌と善玉菌、日和見菌の3つがあり、悪玉菌が優先となってしまうことにより腸内環境が悪くなってしまいます。その原因としては、悪玉菌のエサとなる肉や脂肪分、糖類を多く摂りすぎてしまうと言うことが挙げられます。腸内細菌をバランスよく保っていくためには、食事や生活習慣を見直す必要があります。お勧めできるのは、ヨーグルトや発酵食品を使ったものを摂取することにより、善玉菌のエサとなるだけでなく、腸内の働きを整えることが出来ます。
また、食事面だけでなく、日常の睡眠不足や生活習慣緒乱れ、ストレスなどでも善玉菌が減ってしまう傾向にあります。規則正しい生活を心掛けてる事により口臭や体臭の悩みを改善に導く事ができます。
・腸の蠕動運動の悪化ですが、便が長い間腸内に滞在することにより、腐敗が進んでしまい悪玉菌が増える原因となってしまい、腸の働きが悪くなってしまいます。腸の働きは自律神経がコントロールしているので、不規則な生活や食生活の乱れによりさらに悪化する傾向にあります。
腸の蠕動運動を改善するには、朝コップ1杯の水を飲んで腸に刺激を与えたり、自分でマッサージなどを行うことがお勧めできます。
マッサージ方法ですが、<の>の字を書くように軽くさするだけでよいので習慣にしてみるようにしましょう。
実際に、口臭や体臭の原因って腸内だったと言う結果を聞いてどうでしょうか。これからはきちんと腸を整える事が出来る生活環境を心掛けて食生活でも腸に負担をかけないように心掛けることにより、体臭や口臭を予防することが出来ます。